ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

住んでみたい?アイスランドの無人島にあるファンタスティックな家

      2017/10/02

さて、今回は「一度でいいから住んでみたいファンタスティックな家」を紹介します。

非日常を感じるには最適な物件です。

泊まれるものなら、一度泊まってみたい。

【スポンサーリンク】

ヴェストマン諸島の無人島の家

アイスランドの無人島

凄い!

なんて素晴らしい立地なんだ!

この島はアイスランド南沖の群島「ヴェストマン諸島」の一つで、かつて5組の家族が住んでおり、魚釣りや牛の放牧などをして暮らしていました。

それが1930年代に最後の住居者が亡くなり、完全に無人島となってしまったのです。

この家は現在、地元のハンター協会が使う施設であり、家の中にはサウナがあるそうですよ!

アイスランドっぽいですよね!

サウナ付きの無人島の家とか最高じゃないですか!

今でも、地元漁師が狩りで疲れた体を癒しに訪れるそうです。

女房からの最高の逃げ場としても最適ですね。

ビョークの家と噂される

「この家はアイスランド政府が歌手のビョークにプレゼントした家」

なんて噂が広まっていますが、こんな家プレゼントされた所でね・・・。

ちなみに、ビョークとはアイスランドの歌手で世界的に有名な人物です。

アイスランドの名を世界に広めた功績により授与された・・・それがこの家だという噂なのです。

他にも、「変わり者の大富豪が住んでいる」などの噂があります。

まあ、ロケーションがロケーションなだけに、何か特別な人物が住んでいるように考えるんでしょうね。

気持ちは良く分かります。

個人的には、凄い美女が住んでいて欲しい。

そして、何かの拍子でその島へ漂着して、そこから始まる愛の物語・・・的な?

アニメの見すぎですね。

300年前の暮らし

地元漁師

この島に人がいたのは今から約300年ほど前のことだと言われています。

17世紀の当時を考えれば、この島で暮らしていくのはかなりの苦労があったと考えられます。

今ですら食料の調達は難しいはずです。

しかし、実際に人が200年以上も住んでいたわけですから、むしろ17世紀の社会情勢を考えれば、都会から孤立したこの島はそれなりに楽園だったのかもしれません。

経済とか関係ないもんね。

完全に自給自足の生活を送っていたのかどうかは分かりませんが、とにかく夜空は綺麗だったでしょうね。

1週間だけ暮らしたい

無人島

流石に現代の生ぬるい生活にドップリの私には住めませんが、それでも1週間くらいなら暮らしてみたい。

と言うか、遊びに行きたい。

魚を釣ったり、太陽の下でゆっくり昼寝したり、美味しい食事を満喫したり、サウナに入ったり!

まあ、料理を作ってくれる人がいないと話に成らないんですけどね・・。

地元漁師だけが利用するにはもったいない気がします。

もう少し整備して観光客が泊まれるような設備にしてもらいたいですね!

参照絶海の孤島にたたずむ一軒の家!こんな場所に建てられた家の正体は?

 - 自然・環境 ,

アドセンス

  関連記事

「となりのトトロ」のモデルになった狭山丘陵ってどんな所?

となりのトトロと言えば、1988年・・・今から28年も前に公開されたジブリ映画で …

現代社会に未接触の部族が100以上いるって知っている?

我々の世代は21世紀を生きる、現役バリバリの新人類ですよね! スマートフォンの普 …

ロシアの廃墟が美しい!ファンタジーを感じる不気味な建物。

廃墟ってなんかいいですよね! 歴史を感じるというか、ファンタジーを感じるというか …

法律上では「湖は河川」湖なんてものは存在しなかった!

湖と言うと「広い湖面に立ち込める霧、淡水魚がゆったりと泳ぎ、小舟の上でのんびりと …

雲の魅力。恐ろしいスーパーセルとは?空に海が出現?

雲っていいですよね。 ゆっくり見る機会なんてほとんどありませんけど、それでも時々 …

向こうの景色がなぜ見える?クールな設計の透明な教会

ベルギーの東部、ボルフローン町の近所にある「透明な教会」 そのユニークさが想像の …

人の造りし物が朽ち果てる芸術。恐ろしくも美しい廃墟3選

またまた廃墟の紹介です! 人工物が長年放置されて朽ち果てる様は、ある種の芸術に見 …

「ハブーブ」とか言う世紀末な自然現象が怖すぎる。

「ハブーブ」・・・別名「砂嵐」 強い熱帯低気圧の事を台風と呼ぶのと同じで、砂嵐の …

「冬将軍」って誰のこと?意外な人物が由来に関係していた!

年末が近づき、日本列島を寒気が覆い尽くし始めましたね。 この寒さには、体の芯から …

地球最古の火。数千年前から燃え続ける太古の炎。

地球最古の火・・・今までマグマ以外に、一所に燃え続ける炎があることすら知りません …