ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「冬将軍」って誰のこと?意外な人物が由来に関係していた!

   

年末が近づき、日本列島を寒気が覆い尽くし始めましたね。

この寒さには、体の芯から堪えます・・・。

まさに、冬将軍の到来って感じですね。

そういえば、冬将軍って一体誰のことを言っているのでしょうか?

東北の武将で有名な人って言うと・・・伊達政宗・・・とか?

【スポンサーリンク】

冬将軍って誰?

冬将軍

「冬将軍=寒い所を根城にした将軍が語源」

・・・だと思ってましたけど、調べてみると全然違うって事が分かりました。

というか、日本の言葉ですらなかったという・・・。

この言葉の由来となった人物は、歴史上の超有名人なんですよ!

その人は、かつてヨーロッパの大半を制圧し、フランスの名を世界中に轟かせたあの人物。

そう「ナポレオン・ボナパルト」です。

ナポレオンが負けた

ナポレオン

ヨーロッパの国々をどんどん攻略していたナポレオン。

1812年、ロシアとの開戦を決意し、27万人のフランス軍と同盟国からの援軍を合わせて総勢60万人という大軍勢を率いたナポレオンは、ロシアに侵攻を始めました。

しかし、冬が近づくにつれロシアの過酷な寒気、それに加え食料不足も相まって相当苦しんだそうです。

ロシア軍は、ナポレオンとまともにやり合えば負ける事を知っていたので、広大な国土をうまく利用して大軍同士の衝突を避けていました。

しかも、逃げる最中に町や畑を全て焼き払い、フランス軍の行く先々は既に焼け野原・・・何も食料が調達できない状態が続きます。

モスクワの直前に到達した頃には既に全兵力の3分の1にまで数を減らし、疲弊しきった兵ではまともな戦略が立ちません。

そして、ロシアの焦土作戦に加え、シベリア寒気団の猛烈な寒さがとどめを刺し、ナポレオンの遠征は失敗に終わったのです。

ロシア侵攻から生きて帰ってきた兵は、僅か1%。

約5000人程だったと言われています。

60万人で侵攻を開始して、帰ってきたのは5000人・・・。

途中、逃げた兵もいたでしょうけど・・・痛ましい大敗ですね。

冬将軍=シベリア寒気団

冬

そうして、ロシアの作戦勝ちとなり、その時の新聞に書かれた言葉がこちら。

「general frost(極寒将軍)に負けたナポレオン」

これが、冬将軍の語源です。

ちなみに、この言葉が書かれたのはロシアの新聞ではなく、イギリスの新聞です。

ナポレオンがヨーロッパで勢力下に出来なかったのは「イギリス」と「ロシア」と「オスマン帝国」ですからね。

ロシアの勝利にイギリスも小さくガッツポーズをしていたのかもしれません。

という事で、冬将軍とは「ロシアの寒気、シベリア寒気団」の事でした。

なるほどね。

今年も日本にやってくる!

地面

さて、上空マイナス42度以下の冬将軍ですが、現在モンゴル上空にまで南下している模様です。

日本に流れ込んでくるのも、時間の問題でしょう。

冬将軍は、日本海側で猛烈な雪をもたらし、太平洋側には肌を刺すような寒い突風と乾燥をもたらします。

とにかく、暖かい格好と部屋の加湿が必要ですね!

お風呂にも入浴剤を入れて、しっかり体を温めてくださいね。

また、インフルエンザも流行しているようなので、喉のケアも必要になります。

さて、年末から来年春までの長い冬将軍との戦いですが・・・頑張って乗り切って行きましょう!

 - 自然・環境 , ,

アドセンス

  関連記事

近づくと石になってしまう湖「ナトロン湖」が恐ろしい。

近づく者全てを石に変えてしまう恐怖の湖「ナトロン湖」 世界には、まだまだ不思議な …

「上色見熊野座神社」が完全に別世界!神はここに御座します。

「上色見熊野座神社」が神秘的過ぎます! 悪しき者は入れない・・・まるで、何かの結 …

ロシアの廃墟が美しい!ファンタジーを感じる不気味な建物。

廃墟ってなんかいいですよね! 歴史を感じるというか、ファンタジーを感じるというか …

霧の恐怖。最強の濃霧にこの世の終わりを感じる。

皆さん、濃霧を体験したことはありますか? 大雪が原因で起こる視界ゼロの「ホワイト …

日本の音風景100選が予想以上に美しい。

皆さんは日本の「音風景100選」というのをご存知ですか? 1996年に当時の環境 …

自然の神秘。世界には、数十年前から燃え続けている炎がある。

数十年前の炎!? 一体どういうことでしょう? ずーっと燃え続けているの?燃料は? …

今さら聞けない「光化学スモッグ」って何?

1970年代に猛威を振るっていた「光化学スモッグ」 昔は、夏になると毎日のように …

富士山は4つの火山の集合体!?富士山の豆知識。

日本一の山「富士山」は4つの山の集合体だった! だからあんなに高いんですね! 他 …

住んでみたい?アイスランドの無人島にあるファンタスティックな家

さて、今回は「一度でいいから住んでみたいファンタスティックな家」を紹介します。 …

何だコレ!?美しい丘に高いヤシが生えている「ココラ渓谷」

美しい草原の中にポコポコ生えているヤシの木。 その光景はとても美しく、どこか非現 …