ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

世界最悪の植物「ギンピーギンピー」が恐ろしい!

      2017/05/02

世界で最も恐れられている植物、その名も「ギンピーギンピー」

なんだか、漫画のハンターハンターみたいな名前ですが、その特徴はまさにハンターハンターの世界感にピッタリです。

何がそんなに恐れられているかって?

それは・・・触ると訪れる猛烈な痛みです!

【スポンサーリンク】

世界最恐の植物「ギンピーギンピー」

毒植物

オーストラリア・インドネシアの熱帯雨林に生息している「ギンピーギンピー」

猛毒の細かい刺を持っている最悪の植物で、ほんの少し触れただけでも想像を絶する痛みに襲われます。

しかも、根っこから葉っぱまで全体に毒針が生えているので、どこを触ってもアウト!

100年前に標本にされた物でも、変わらない威力を持っている事でも知られています。

まさに、「触らぬ神に祟りなし」といった具合で、触ったのならば最後・・・地獄を見ることになります。

どれぐらい痛いのか?

電流

では、その「ギンピーギンピー」に触ると、どのような痛みが走るのか?

実際に触れてしまった人の感想がこちら・・・。

「ギンピーギンピーの痛みは、想像できる限り最悪の痛みです。熱い酸と電流を同時に浴びて火傷したような痛さです。」

「まるで目に酸を注がれたような、巨人に握りつぶされるような感じだ」

なんだそれ!怖すぎる!

しかし、ギンピーギンピーの恐ろしさは、その痛みだけではありません!

最長で2年!

時間

なんと、酸をかけられような焼ける痛みが、少なくとも数ヶ月・・・長いと約2年間に渡り断続的に襲ってくるというのです!

刺さった瞬間は、さほど痛みを感じないそうですが、刺さってから30分ほどすると強い痛みが広がり、一旦痛みが引くもさらに強い激痛が波のように襲ってくるのです!

それが2年!

2年も変わらぬ激痛・苦痛が続くのです!

考えただけでも鳥肌が止まりませんね!

痛みのあるときは、寝ても覚めても、立っても座っても、温めても冷やしても治まることはなく。

ただただ、絶叫の中苦しみ続けるほかはないそうです。

痛みは、患部だけでなく全身に至るので、麻酔や痛み止めもあまり効果はないそうです・・・。

痛すぎて自殺した例も・・

人形

そんな危険な植物を使って、ある行為をしてしまった人が最悪の選択をした例があります。

それがこちら

地元の保安官が誤ってギンピーギンピーの葉をトイレットペーパーがわりに使ってしまい、痛みに耐え切れず銃で自殺した例がある。

うおぅ・・。

保安官さん、なんで外でしたんだ・・・。

人間の一番デリケートな部分にその激痛は・・・。

さらには、誤って顔面に葉が当たってしまった人が崖から飛び降りたという話もあります。

それにしても、死を選ぶほどの痛みとは・・・恐ろしい。

何故、そんなに長引くのか?

ギンピーギンピー

何故そこまで痛みが長引いてしまうのか?どうしてでしょう?

実は、ギンピーギンピーの毒針はグラスファイバーのように細かく鋭いため、どんなに優しく触っても奥深く刺さってしまうとの事です。

しかも、あまりに細かいため抜くことはほぼ不可能で、長期間に渡り毒を体内に放出し続けるんだそうです。

さらに、例え伐採した後でも効果は変わらず、約100年前の標本でもその脅威は変わらないと言われています。

健康な人でもアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあり、希に空気中に舞い散ることもあるんだとか・・・。

そのため、地元の森林局員たちがギンピーギンピーの生息地に立ち入る時は、最高グレードの危険物用防護服を着ることが義務付けられているとの事です。

過去には、兵器の利用しようと考えていた

防護服

その猛烈な脅威に注目していたのが、第二次世界大戦中のイギリス軍隊。

この威力を兵器として活用できないか模索していたそうですが、どうやら未遂で終わったそうです。

もしこの植物が、兵器として大量生産されていたとしたら、今頃大変でしょうね!

その威力も然ることながら、もし生産中に事故でも起きたら地獄絵図ですよ!

恐ろしい物もあったものです。

まさか、世界にこんな恐ろしい植物があったとは、知らなんだ・・・。

しかも、「ギンピーギンピー」とかいう一見可愛らしい名前な所がまた不気味です。

新種のポケモンみたいな名前ですけど、もし出会ったとしても絶対にゲットしないでください!

オーストラリアの熱帯雨林に旅行の際は、お気を付けください。

 - 植物 ,

アドセンス

  関連記事

人には絶対渡せない・・・世にも恐ろしい花言葉集。

花言葉って知っていると知らないとじゃ、結構変わってきますよね。 退院祝いとか、引 …

乾季になると青々と葉を茂らす木「アップルリングソーン」

アフリカ・タンザニアにある「ルアハ国立公園」 ここでは雨季になると青々とした草原 …

100年以上待たないと開花しない植物。

100年以上だって!? そんなの、植えた人は花が咲く所を見られないじゃないか! …

食べ過ぎ注意!普段口にしている「毒」のある食べ物。

衝撃の事実です。 なんと、私たちが普段口にしている食べ物には毒性のある物が多く存 …

ちょっと得した気分になれる「果物の花言葉」

バラの花言葉は知っていても「いちごの花言葉」はあまり知られていませんよね? 果物 …

森のトイレか!オオウツボカズラが欲しい物はネズミじゃない?

食虫植物の中でも人気の高いウツボカズラ。 その中でも最大種でありウツボカズラの王 …

並木道っていいよね!ファンタジーを感じる並木道。

並木道って良いですよね・・・。 等間隔に植えられている木々を見ると、何故か美しい …

野菜にもあるんだ!心も健康になる「野菜の花言葉」

前回は「果物の花言葉」を紹介しましたが、今回は「野菜の花言葉」です。 野菜だって …

80cm成長するには2000年かかる!?海に佇む「コケ坊主」が神秘的

皆さんは、「コケ坊主」という物をご存知ですか? 最近、テレビなんかでちょくちょく …

「クラウン・シャイネス」植物が日光を譲り合った結果が凄い!

皆さんは「クラウン・シャイネス」という現象を知っていますか? 以前、テレビでも紹 …