ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

人には絶対渡せない・・・世にも恐ろしい花言葉集。

      2017/05/20

花言葉って知っていると知らないとじゃ、結構変わってきますよね。

退院祝いとか、引越し祝いの時に渡すプレゼントの中に不吉な花言葉の花があると、気まずくなってしまいます。

まあ、日本人のほとんどは花言葉なんか気にしないと思いますけど、それでも知っておいて損はありません。

今回は、思わずゾッとしてしまうような花言葉を集めてみました!

【スポンサーリンク】

世にも恐ろしい花言葉

花

「花言葉」とは、元々西欧文化の中で生まれた、日本で言う俳句のような物。

植物の外見・香り・咲いている環境・性質・色・味など、ありとあらゆる方面から見た時の抽象的な姿を言葉で表現しています。

例えば、ブドウはひと房に幾つも実が成って、みんなで分けることができますよね!

その事から、「思いやり」や「親切」という花言葉があります。

しかし、ぶどうはワインの原料でもあります。

その事から「酔いと狂気」という恐ろしい花言葉もあるのです。

このように、多方面から見た時に別の姿が見えてくる植物には、いくつもの花言葉が備わっているんですよ!

クロユリ

クロユリ

「呪い」

この恐ろしい花言葉は、「黒百合伝説」が由来だと言われています。

戦国武将の佐々成政(1536~1588)には、早百合(さゆり)という美しい側室がいました。しかし、早百合が不倫をし、成政ではない別の男との子を宿してしまったのです。

これを聞いた成政は烈火の如く怒り、早百合を殺してしまいます。

早百合は、死に際に「立山にクロユリの花が咲いたら、佐々家は滅亡する」との呪いの言葉を残して死んだと言われています。

お、恐ろしい・・・。

早百合さんは、成政の事があんまり好きじゃなかったんでしょうね・・・。

アネモネ

アネモネ

「恋の苦しみ」
「見放された恋」

恋関係か・・・。

また、辛そうな伝説がありそうだ・・・と思ったらやっぱりありました。

美少年アドニスと女神アプロディーテー

女神アプロディーテーが息子である愛のキューピットと一緒に遊んでいる時に、誤ってキューピットの愛の矢が女神アプロディーテーに刺さってしまいました。

矢の傷が癒えぬ間に、絶世の美少年アドニスを見てしまい、女神でありながら彼に恋をしてしまいます。

しかし、あるとき美少年アドニスはイノシシ狩りに失敗し、牙が腹に刺さって死んでしまいました。

女神アプロディーテーは愛と美の女神でありながら、悲しみの涙を流してしまい、その涙が「アネモネの花」になったという伝説。

・・・キューピットの矢って・・・。

そんな危なっかしいもんで遊んでいるからだろ!と言いたくなってしまいます・・・。

ゴジアオイ

ゴジアオイ
出典シスタス

「私は明日死ぬだろう」

これは、絶対お見舞いの花にしてはいけませんね。

なんでこんな恐ろしい花言葉が生まれたんでしょう?

それは、「ゴジアオイ」の性質が由来になっています。

簡単な話です。

「ゴジアオイ」は、一日しか咲かない花で、咲いた翌日には萎んでしまうからなんです!

なるほど!そりゃ明日死ぬだろうね!

オシロイバナ

オシロイバナ

「臆病」「内気」
「恋を疑う」

なにやら、マイナス思考の花言葉がいっぱいです。

オシロイバナは結構メジャーな花ですよね・・・なんでこんなマイナスオーラ全開なんでしょうか?

「臆病」「内気」というのは、人目を避けるように夕方から咲き始める、オシロイバナの生態から来ています。

さらに、「恋を疑う」とは、ひとつの株から赤い花や白い花、また赤と白が混ざった別の色の花を咲かせることが由来しています。

なるほどね、コロコロ気持ちが変わるような人の恋は疑ってしまいますよね!

リンドウ

リンドウ

「悲しんでいるあなたが好き」

ええええ!

なんだこの、ヤンデレ的な花言葉は!

こ、怖いけどその由来が気になる・・・。

この恐ろしい花言葉の由来はこちら。

悲しげな青紫色で、群生せずに1本づつ花を咲かせるという孤独さから来ている。

な、なるほど・・・。

もっと、ヤンデレ的な伝説があるのかと思いきや、花の生態から来ているのですね。

怖いけど、何故か夢中になる

いかがでしたか?

怖い花言葉はまだまだあるので、機会があればまた紹介したいと思います。

それにしても、花言葉の由来って結構あるんですね。

西欧文化から来ていることもあり、ギリシャ神話に関係している物が多いみたいですね!

これは、意外とはまりそう。

 - 植物 ,

アドセンス

  関連記事

ちょっと得した気分になれる「果物の花言葉」

バラの花言葉は知っていても「いちごの花言葉」はあまり知られていませんよね? 果物 …

何だこりゃ!?ヘンテコな形の種を持つ世界の植物5選。

ヘンテコな種か・・・。 普通は、黒かったり茶色だったり・・いわゆる豆みたいなイメ …

並木道っていいよね!ファンタジーを感じる並木道。

並木道って良いですよね・・・。 等間隔に植えられている木々を見ると、何故か美しい …

乾季になると青々と葉を茂らす木「アップルリングソーン」

アフリカ・タンザニアにある「ルアハ国立公園」 ここでは雨季になると青々とした草原 …

これも花なの!?90%の人が見たことない奇妙な世界の花

90%の人が見たことない花だって? それは、いくらなんでも言い過ぎだろう。 今の …

まるでガラス細工!?雨に濡れると透明になる花が美しい。

雨に濡れると透明になる花!? なんだその花は! 聞いたことがありません。 でも、 …

爆発注意!種子が爆発して飛び出す植物6選

植物の進化は凄いですね! 人間では到底思いつかないようなユーモアあふれる物がたく …

「クラウン・シャイネス」植物が日光を譲り合った結果が凄い!

皆さんは「クラウン・シャイネス」という現象を知っていますか? 以前、テレビでも紹 …

アヒル?妖精?色んな物に見える不思議な植物「蘭」

蘭科の植物は、日本に230種・世界には全部で15000種もあると言われ幅広い生息 …

植物界に震撼走る!トマトは、食虫植物だった!

誰でも知っているあの野菜は、なんと虫を捕らえて吸収する食虫植物でした! まるで、 …