ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

野菜にもあるんだ!心も健康になる「野菜の花言葉」

      2017/09/10

前回は「果物の花言葉」を紹介しましたが、今回は「野菜の花言葉」です。

野菜だって花が咲きますからね!

食べれば体が健康に、花言葉を知れば心も健康になることでしょう!

【スポンサーリンク】

ごぼう

ごぼう

「私に触らないで」「用心」

何やら、訳ありな花言葉ですね。

「私に触らないで」とは、どういう意味なのでしょうか?

実は、ごぼうは「トゲのある花」を咲かせるんです!

しかも、花が枯れるとイガイガした栗のような実が成り、見るからに痛そうな感じなのです。

そのトゲトゲした様子から連想された花言葉だったんですね!

ナス

ナス

「真実」「慎ましい幸福」

ナスは、平安時代から日本で愛されている夏野菜の一つです。

ちょっと前までは・・・。

「ナスは栄養価が低い」

と思われていましたが、最近では「抗酸化作用の高い栄養野菜」として注目されています。

元は、夏に実が成ることから「夏実(なつみ)」と呼ばれていましたが、その後訛って「茄子(なすび)」と言われるようになったそうです。

夏実って可愛い名前ですね!

ああ、焼きナスに鰹節をふりかけて、醤油をちょいと垂らしてそのままガブっといきたい。

キャベツ

キャベツ
出典みまさか屋の日記

「利益」

なんだか現金な花言葉ですね。

これは、幾重にも重なった葉の中に宝物が入ってそうなイメージから付けられたそうです。

確かに、言われてみれば何かを包んでいるようにも見えますね。

西洋では、中に赤ちゃんが入っているイメージがあるそうですよ!

日本では、もっぱら竹の中ですよね!

かぐや姫の影響で金も赤ちゃんも竹の中にいそうなイメージです。

ニンジン

ニンジン

「幼い夢」

幼い夢?

どう言う意味でしょうか?

子供の頃はみんな嫌いだけど、大人になると食べられるから「幼き頃の記憶」という意味で付けられたのでしょうか?

それとも、ニンジンの花はとても小さいので、その様子から「幼さ」を連想されるような言葉を付けたんですかね?

正しい由来はわかりませんでしたが、何やら考えさせられる花言葉でした。

トマト

トマト

「完成美」

これは納得ですね!

確かに、あの綺麗な赤い実を見ると完成された美しさを感じます。

ちなみに、日本にトマトが伝わったのは江戸時代だと言われています。

当時は品種改良がされておらず、青臭い味と真っ赤な色が不気味で全く人気が無かったそうです。

完成された美しさからは想像もできないような青臭さと、血の色みたいな真っ赤な色合いは、確かにトマトを初めて見る人ならビビりますよね。

今では品種改良されてとっても美味しくなってますけど、それでも苦手という人が多いのも事実です。

美味しいのに。

ジャガイモ

ジャガイモ

「慈愛」「恩恵」

ジャガイモって今でこそありふれた何気ない野菜ですけど、世界的に見るとその恩恵は計り知れないものがあります。

ジャガイモは、米のような育てる手間もいらず、一度に多く収穫出来ることから主食にしている国が多いのです。

戦後の日本の食糧難も幾度となくジャガイモに救われています。

今は、ジャンクフードのような扱いになっていて、野菜に数えるのも躊躇してしまう存在ですが、とても腹持ちがよくビタミンも豊富で日持ちもするため、非常食には持って来いの野菜なんです。

まさに、慈愛に溢れた恩恵をもたらす存在ですね!

野菜にもしっかりあった!

野菜にも、しっかり花言葉がありましたね!

それもよく特徴を捉えた納得の言葉が付けられていました。

実は、ピーマンも数に入れようかと思ったのですが・・・。

ピーマンの花言葉は「海の恵み」と言います。

意味がわからない。

しかも、調べても由来が分かりませんでした。

なぜピーマンが「海の恵み」なのか、想像してみても思いつかなかったので外したのですが・・・。

まあ、花言葉なんて所詮付けた人のイメージでしかないですからね!

きっと海をイメージする何かがあったんでしょう。

また、次の機会がありましたら、別の花言葉を紹介したいと思います!

 - 植物

アドセンス

  関連記事

爆発注意!種子が爆発して飛び出す植物6選

植物の進化は凄いですね! 人間では到底思いつかないようなユーモアあふれる物がたく …

松ぼっくりで人が死ぬ?巨大な実をつける「バンヤ・パイン」

日本で松ぼっくりと言うと子供の手のひらサイズで、湿っていたとしても・・・せいぜい …

乾季になると青々と葉を茂らす木「アップルリングソーン」

アフリカ・タンザニアにある「ルアハ国立公園」 ここでは雨季になると青々とした草原 …

「バナナの木」これ間違い。正確には「バナナの草」です。

子供から大人まで大好きな果物「バナナ」 でも、バナナって木ではなく、草だったって …

植物界に震撼走る!トマトは、食虫植物だった!

誰でも知っているあの野菜は、なんと虫を捕らえて吸収する食虫植物でした! まるで、 …

ファンタジーの世界!?奇妙で美しい世界の木々。

この世界には、我々の想像をはるかに超えた「美しい木」が存在します。 木々の凄さは …

アヒル?妖精?色んな物に見える不思議な植物「蘭」

蘭科の植物は、日本に230種・世界には全部で15000種もあると言われ幅広い生息 …

100年以上待たないと開花しない植物。

100年以上だって!? そんなの、植えた人は花が咲く所を見られないじゃないか! …

食べ過ぎ注意!普段口にしている「毒」のある食べ物。

衝撃の事実です。 なんと、私たちが普段口にしている食べ物には毒性のある物が多く存 …

「クラウン・シャイネス」植物が日光を譲り合った結果が凄い!

皆さんは「クラウン・シャイネス」という現象を知っていますか? 以前、テレビでも紹 …