ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

乾季になると青々と葉を茂らす木「アップルリングソーン」

   

アフリカ・タンザニアにある「ルアハ国立公園」

ここでは雨季になると青々とした草原が広がり、色とりどりの花や巨大な樹木たちが茂ります。

しかし、乾季になると一変・・・一面の草原は枯れ果て、樹木たちも葉を落とします。

そんな中、何故か乾季になると葉が茂り、実をつけるという不思議な木があるのです。

アップルリングソーン

その木の名は「アップルリングソーン」

名前の由来は、実の見た目がりんごの皮をむいた時に出来る形に似ているからです。
ヒゲしいのブログNHK
こちらのNHKのサイトで、画像を見ることができます。

ちなみに、雨季のアップルリングソーンは、逆に枯れているかような見た目で、葉も落としてしまうんです。

一体何故アップルリングソーンは乾季に葉を茂らせ、実を付けるんでしょうか?

不思議ですね~。

乾季の貴重な食料

ゾウ

実は、この「ルアハ国立公園」には多くのゾウやキリン、インパラなどの野生動物が住んでいます。

さらに、乾季に入ってからでも干上がった川の底を掘ることによって、水を確保することができます。

そのおかげで、わざわざ移動しなくても一所に居座ることができるんです。

しかし、そうなると問題は「食事」です。

乾季では、水を確保することは出来ても、草や葉を大量に確保できるわけではありません。

そこで、貴重な食料となるのが「アップルリングソーン」の実なのです。

何で乾季に実をつける?

乾季
*画像はバオバブの木

アップルリングソーンの木は、雨季の間に大量の水を幹に抱え込む事で、乾季に実をつけることができます。

乾季には、ほとんどの植物が枯れてしまうので・・。

「他に食べられるような植物がない」

つまり、言わばライバルの少ない状態なのです。

そのため、ゾウやインパラなどを独占状態にすることができ、確実に実を食べてもらえるんです!

では、一体どうしてそうまでして実を食べて欲しいんでしょうか?

気になります!

食べてもらわないと芽が出ない

キリン

実は、アップルリングソーンの実は固い殻で覆われています。

そのため、一度食べてもらって殻の部分を消化してもらわないと、芽が出せないんです!

それだけではありません!

動物に食べてもらうことによって、その動物が体内に種を宿したまま遠くの場所へ移動し、移動先で糞と一緒に排泄されるため、自然とアップルリングソーンの生息範囲を広げることができるのです。

なるほど、自分では遠くに種を運べないから、代わりに動物を利用してるんですね!

持ちつ持たれつの仲

ネコ

アップルリングソーンと動物たちは、持ちつ持たれつの仲だったんですね!

食料の少ない乾季を狙って実を付けることによって、確実に食べてもらえる。

動物たちにとっては、貴重な食料となり命の糧になる。

自然って本当によく出来てるんですね!

そう考えると、私たち人間って自然の歯車の中からハブられているような気がしてなりません・・・。

それとも、気が付かないだけで我々も何かを救っているのでしょうか・・。

一応、犬とかネコの数は増えているから、救ってるって事でいいのかな?

 - 植物

アドセンス

  関連記事

100年以上待たないと開花しない植物。

100年以上だって!? そんなの、植えた人は花が咲く所を見られないじゃないか! …

植物界に震撼走る!トマトは、食虫植物だった!

誰でも知っているあの野菜は、なんと虫を捕らえて吸収する食虫植物でした! まるで、 …

野菜にもあるんだ!心も健康になる「野菜の花言葉」

前回は「果物の花言葉」を紹介しましたが、今回は「野菜の花言葉」です。 野菜だって …

人には絶対渡せない・・・世にも恐ろしい花言葉集。

花言葉って知っていると知らないとじゃ、結構変わってきますよね。 退院祝いとか、引 …

80cm成長するには2000年かかる!?海に佇む「コケ坊主」が神秘的

皆さんは、「コケ坊主」という物をご存知ですか? 最近、テレビなんかでちょくちょく …

世界最悪の植物「ギンピーギンピー」が恐ろしい!

世界で最も恐れられている植物、その名も「ギンピーギンピー」 なんだか、漫画のハン …

ファンタジーの世界!?奇妙で美しい世界の木々。

この世界には、我々の想像をはるかに超えた「美しい木」が存在します。 木々の凄さは …

爆発注意!種子が爆発して飛び出す植物6選

植物の進化は凄いですね! 人間では到底思いつかないようなユーモアあふれる物がたく …

松ぼっくりで人が死ぬ?巨大な実をつける「バンヤ・パイン」

日本で松ぼっくりと言うと子供の手のひらサイズで、湿っていたとしても・・・せいぜい …

「バナナの木」これ間違い。正確には「バナナの草」です。

子供から大人まで大好きな果物「バナナ」 でも、バナナって木ではなく、草だったって …