ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

江戸前寿司にサーモンは無い!実は日本発祥ではなかった。

      2017/11/21

客「大将!サーモンくれ!」

大将「・・・」

客「サーモン!?ちょっと!サーモン握って!」

大将「バッキャロウ!こちとら江戸前寿司って言ってんだろい!そんなに食いたきゃ、水辺の妖怪寿司にでも行ってこい!」

そう、江戸前寿司にサーモンはありません。

【スポンサーリンク】

江戸前寿司にはサーモンがない

江戸前寿司

回転寿司にしか行ったことのない人はご注意を!

高級な江戸前寿司店でサーモンを頼もうものなら、店員や周りの客から冷ややかな目で見られてしまうかも・・・。

かくゆう私も回転寿司しか行ったことがないので予備知識として知っておこうと思います。

ってか、何でサーモンないの?

あんなに美味しいのに・・・。

江戸前寿司には定義があった!

寿司

江戸前寿司とは、握りを中心にした構成で主なネタとして・・・。

「ヒラメ・タイ・マグロ・カツオ・カンパチ・ブリ・アジ・サバ」

など、巻き寿司を含めて約50種類ほどあります。

しかし、その中にサーモンはありません。

日本では古くから紅鮭などで鮭を食べる文化があったのに何ででしょうか?

生食には適さなかった

サーモンは、非常に傷みやすく生のままではすぐに傷んでしまう魚です。

そのため、冷蔵庫がなかった時代に生まれた江戸前寿司には、ネタとして盛り込まれていなかったんですね。

さらに、サーモンは他の魚と比べると寄生虫の量が多く、適切な処置を解かさないと食べることができませんでした。

このように、非常に手間がかかる上に生では危険となると、もはや寿司という料理には適さない魚だったようです。

サーモンって寄生虫が多いんだ・・・。

今は平気なの?

寿司屋

安心してください。

今市場に出回っているサーモンは、冷凍処理により寄生虫を死滅させているので安全です。

昔の日本ではそのような技術がなかったため、塩漬けされたり焼き魚にされたりしてたんですね!

そういった事情もあり、日本ではサーモンを寿司のネタにするという概念がありませんでした。

しかも、実はサーモン寿司は日本発祥の食べ物ではないんです!

一体どこの国が発祥なのでしょうか?

サーモン寿司はノルウェー発祥!

サーモン

なんと、ノルウェーが発祥でしたか!

1970年代は、まだ日本はサーモン寿司を食べていませんでした。

しかし、80年代になるとノルウェーの水産業者が直接日本に訪れ、サーモン寿司の美味しさを広めていったそうです。

きっと、売れるって自信があったんでしょうね!

その結果、当時の若者を中心に大ウケし、今ではマグロを追い抜く勢いで人気を博しています。

外国人の好きなネタランキングでも、堂々1位を獲得していますからね!

江戸前寿司にとっては邪道でしょうけど、正直サーモンは旨い!

修正

読者の方から指摘がありましたので修正させていただきます。

どうやら、発祥はノルウェーではなく米国西海岸だそうです。

「米国西海岸でサーモン寿司がブームになる→それを日本が逆輸入→ノルウェーの業者が日本にサーモンを売りに来た」

という事なんだそうです。

なるほど、カルフォルニアロール同様、米国が発祥でしたか!

なんと、軍艦巻きも江戸前寿司ではなかった

軍艦巻き

確かに、考えてみれば軍艦っていう名前自体、発祥の時代的におかしいですよね?

江戸前寿司が生まれたのは1829年、「與兵衛鮓(よへいずし)」の華屋與兵衛が発案者だと言われています。

江戸時代後期に生まれたものですね。

それに引き換え、軍艦巻きの発祥は1941年、ご存知高級寿司店「久兵衛」の当時の主人「今田寿治」が発案者と言われています。

まだまだ歴史の浅い寿司だったんですね!

軍艦巻きの出た当時は、他の寿司店から「ゲテモノだ」「握らなければ寿司じゃない」など非難されていたそうです。

さらに、軍艦巻きは出来上がってからせいぜい10分程度しか姿が保てないため、今でも出前の寿司で軍艦巻きを置いていない店もあるみたいですよ!

実は、甘エビも江戸では邪道

甘エビ

実は、江戸前寿司で「エビ」と言うと、甘エビではなく車海老が出てきます。

しかも、蒸した物で生ではありません。

それは、もともと関東近郊で漁れるエビが車海老だということと、生のままでは危険だからです。

甘エビの多くは、北海道や日本海側で水揚げされているため、江戸ではあまり馴染みのない物だったんですね。

そして、生のままでは「お腹に当って仕事ができなくなる」恐れがあるためと、甘エビと違って「蒸すことにより甘味が増す」という理由で車海老の蒸した物がネタになっているのです。

その内、受け入れられる?

カルフォルニアロール

江戸前寿司は長い歴史を持っていますし、日本を代表する食べ物なので急激な変化はしないと思います。

が、それでも時代に合わせて少しづつ変化していますからね!

きっとその内、邪道だと言われていたものが江戸前風にアレンジされて店頭に並ぶと思います。

ただし!

江戸前寿司でカルフォルニアロールが受け入れられる事は、まず無いと思います。

多分ね!

 - 食べ物 , ,

アドセンス

  関連記事

卵の意外な真実!サイズの違いは白身だけ?カラフル卵?

今回は、卵に関した豆知識やトリビアを紹介していきたいと思います。 知ってるようで …

冬場に飲みたい、缶コーヒーのトリビア!低糖・微糖どっちが甘い?

寒い冬場に飲む缶コーヒーって格別ですよね! 夏場に飲むアイスコーヒーもいいですけ …

一人暮らしの人におすすめ!バナナを長持ちさせる3つの方法!

バナナって栄養満点で子供から大人までみんな好きですよね! 果物の中でも、トップク …

「ブルーベリーは目に良い」は嘘でした!信頼できるデータなし!

衝撃の事実! 子供の頃からブルーベリーは目に良い物だとばかり思っていましたが、そ …

「おかゆ」は、体に優しくない。実は消化が悪い食べ物。

知らんかった。風邪ひいた時は当たり前のように「おかゆ」を食べてましたから・・・ …

綺麗すぎて食べられない!ずっと飾っていたい美しい和菓子。

日本を代表する「和菓子」 そこには、溢れんばかりの「和」が詰まっており、最近では …

錬金術の遺産?ニューヨークでエリクサーの瓶が発見される!

2014年のニューヨークで不老長寿の霊薬「エリクサー」の瓶が発見されました! 場 …

乳酸菌は腸に届く前に、ほぼ死んでしまう。

最近、ヨーグルトのCMで違和感を感じたことはありませんか? 「生きて腸に届く乳酸 …

【自己責任】絶対食べちゃダメ!七転八倒の苦しみ・・・強力な毒キノコ

食欲の秋には欠かせない秋の味覚「キノコ」 しかし、中には人を死に至らしめる程の強 …

やり方一つで、こんなに違うの?「美味しい大根おろしの作り方」

大根は冬場でも夏場でも食べれる最高の野菜ですよね! 冬なら、大根おろしをそのまま …