ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

誕生日にケーキを食べる理由。何でロウソクを立てるの?

      2017/06/12

確かに、言われてみれば何で誕生日にケーキを食べるのでしょうか?

「お祝い事だから」という理由で納得も出来ますが、何か起源のような物があるはずです。

ケーキに刺すロウソクの意味も気になります。

今回は、こんな素朴な疑問に答えていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

古代ギリシャには既にあった

古代ギリシャ

「誕生日にケーキを食べる」という習慣は、古代ギリシャ時代には既にあったと言われています。

しかし、誕生日と言っても神様の誕生日ですけどね!

そう、この時はまだ個人の誕生日を祝うのではなく、神様の誕生日を祝うためにケーキを食べていたんだそうです。

当時のケーキは今のようなゴテゴテに飾り付けした物ではなく、質素なハニーケーキにロウソクを灯した、至ってシンプルな物だったそうです。

ハニーケーキ・・・名前だけ聞くとめちゃくちゃ美味しそう!

ケーキが丸いのには意味があった!

ケーキ
著作者: Dinesh Cyanam

さて、では一体なんの神様の誕生日を祝っていたのでしょうか?

それは「月の女神【アルテミス】」です。

そう、ケーキの丸い形は「月」を表していたんです!

そして、ロウソクは「月の灯り」を表現していたんですね!

なんと!

丸い形にも、ロウソクにもちゃんと意味があったんですね!

*諸説あります。

ロウソクの煙は天に届く

誕生ケーキ
著作者: Arghya Banik

昔のヨーロッパの人たちは、「ロウソクの煙は天に願いを届ける」と考えていました。

そのため、ケーキの上に乗っているロウソクの火を消す時は、「願い事を心で囁きながら吹き消す」のが本来の正しいやり方なんです。

時々、海外ドラマや映画の中で

「願い事は何にした?」

「ひみつ!」

みたいなやり取りを見たことありませんか?

今でも、海外では願い事をしながら吹き消すのが一般的です。

昔は一日中ロウソクを立てていた!?

中世ドイツ

中世ドイツでは「悪霊は子供の誕生日にやってくる」と考えられていました。

当時の人たちは悪霊から子供を守るため、多くの人が家に集まったそうです。

そして、神様に願いが届くと信じられていた「ロウソクの火」を、一日かけて灯し続けたそうです。

日が沈み、一日が終わる頃みんなで分けて食べたと言われています。

それが今でも、パーティーに大人数を呼ぶ文化に繋がっていると考えられています。

海外では、一般家庭の誕生日でも数十人規模のお客さんを呼びますからね!

それには、こういった過去の背景があったんですね。

アメリカに伝わったのは、ごく最近?

ホームパーティ

「誕生日ケーキ」と言って想像するのは、「アメリカのとんでもない規模のパーティー」という人も多いのではないでしょうか?

実は、「ケーキにロウソクを立ててみんなで食べる」という文化は「中世ドイツ」が発祥であり、その文化がアメリカに入ってきたのは、1900年代だと言われています。

ほんの100年程前だったんですね!

ちなみに、日本にその文化が広まったのは、アメリカよりももっと遅い第二次世界大戦後です。

つまり、ほんの70年程前という事になります。

最近・・・って事でいいですよね?

ハッピーバースディトゥーユーは替え歌だった?

ハッピーバースディ

そういえば、あの「ハッピーバースディトゥーユー」という曲は、いつからあるんでしょうか?

というか、一体誰が作った曲なんですかね?

あの曲は、アメリカのパティー・ヒルさんとミルドレッド・ヒル姉妹が、当時学校の先生をしていた時に、クラスの挨拶用として作曲された曲です。

1920年前後に歌詞が変わったそうです。

正しい歌詞は

Good morning to you,
Good morning to you,
Good morning, dear children,
Good morning to all.

となっているそうです。

メロディーはそのままで、替え歌として誕生日に歌われるようになったそうです。

また、マリリン・モンローが当時のアメリカ大統領「ケネディ氏」の誕生日に、この歌を歌ったこともあるそうですよ!

あんなセクシーボイスで誕生日を祝ってもらえるとは・・・さすが大統領!

ロウソクを消す時は願い事を忘れずに!

日本でも誕生日ケーキは、すっかり定着していますよね!

しかし、残念ながら「願い事をしながらロウソクを消す」という設定までは上手く伝わらなかったようで、とりあえず吹き消して「わー!」みたいな感じで終わっちゃいますよね?

せっかくの願い事を叶えるチャンスなのに・・・もったいない。

さらに、一息で消すと1年以内、二息で消すと2年以内にその願い事が叶うと言われています。

これからでも遅くはありません。

ロウソクを消す際は、願い事を心の中で囁きながら、一息で消しましょう!

私の願いは・・・一緒にケーキを食べてくれる人が出来ることです・・・。言っちゃった。

 - 食べ物 ,

アドセンス

  関連記事

知りたくない!「ひじき」のトリビア。鉄分が9分の1に?消化されない?ヒ素検出?

2015年12月25日、約15年ぶりに改訂された「食品成分表」に非難の声が集まっ …

うずらの卵は、食べるよりも育てる方が経済的!?

うずらの卵は温めると孵化するって知ってますか? 実際にネット上では「うずらが孵化 …

江戸前寿司にサーモンは無い!実は日本発祥ではなかった。

客「大将!サーモンくれ!」 大将「・・・」 客「サーモン!?ちょっと!サーモン握 …

動物の糞から生まれる幻のコーヒー4選

皆さん、動物の糞から採取されるコーヒー豆をご存知ですか? 通常の物とは違い、独特 …

お弁当に入っている透明シートって何?どんな効果があるの?

駅弁などでよく見かける透明シート。 あれは、抗菌作用のあるシートなんですが・・・ …

やり方一つで、こんなに違うの?「美味しい大根おろしの作り方」

大根は冬場でも夏場でも食べれる最高の野菜ですよね! 冬なら、大根おろしをそのまま …

「冬だし、菌の繁殖はしないでしょ。」それって本当?何度以下なら大丈夫?

この一年で一番寒い時期の今は、食べ物を雑に扱う事が多くなるそうです。 特に口を開 …

「ブルーベリーは目に良い」は嘘でした!信頼できるデータなし!

衝撃の事実! 子供の頃からブルーベリーは目に良い物だとばかり思っていましたが、そ …

冬場に飲みたい、缶コーヒーのトリビア!低糖・微糖どっちが甘い?

寒い冬場に飲む缶コーヒーって格別ですよね! 夏場に飲むアイスコーヒーもいいですけ …

【自己責任】絶対食べちゃダメ!七転八倒の苦しみ・・・強力な毒キノコ

食欲の秋には欠かせない秋の味覚「キノコ」 しかし、中には人を死に至らしめる程の強 …