ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

ワサビのツーンをかき消したい!そんな時に試したい方法3選

   

ワサビのツーンをかき消したら、もうそれワサビをつける意味あるんでしょうか・・?

なんて、ひねくれた意見はゴミ箱に捨てておいて・・・

実際、つけ過ぎて鼻がツーン!と痛くなる事ってありますよね?

そんな時は、これを試そう!

【スポンサーリンク】

ワサビは一体なぜ辛い?

ワサビ

そもそも、ワサビのあの独特な辛さは何が正体なんでしょうか?

あの辛さの原因は「アリルイソチオシアネート(アリル芥子油)」という成分です。

何を隠そう、この辛味成分こそが細菌の増殖を抑制する働きがあり、食中毒予防に効果があるのです。

そして、このアリルイソチオシアネートは揮発性です。

つまり、ワサビを食べた時・・・鼻に抜ける鼻息の中にこの成分が含まれており、嗅覚細胞を刺激してツンとするのです。

唐辛子の辛さとは、全くの別物なんですね!

試したい方法その1.炭酸飲料を飲む

炭酸

炭酸が口の中でシュワシュワして水分が弾け飛び、鼻の粘膜や口の中に残ったアリルイソチオシアネートを洗い流し、糖分で粘膜を保護する事で辛味を抑えられるそうです。

ただし、実際に試してみた結果、私の場合はあまり効果を実感する事ができませんでした。

それにお寿司と炭酸飲料って、絶対合わないですよね?

手っ取り早く出来ますが、好き嫌いがありそうな方法です。

その2.マヨネーズを食べる

マヨネーズ

これは、有名ですよね!

でも、実はこれも実際やってみるとそこまで効果を感じません。

私が鈍感なのかもしれませんが・・・。

それに、マヨネーズを単体で食べるという行為自体、端から見て「なんだこいつ?」って思いますよね。

さらに言うなれば、マヨネーズの油分が粘膜をコーティングすることで辛味を抑えられると言われているので、ツーンとする前にコーティングしないと意味がありません。

寿司を食う前に、マヨネーズを食う・・・ちょっとね・・・。

その3.ハフハフする

たこ焼き

実践してみてこの方法が一番効果がありました!

つまり、アリルイソチオシアネートが鼻を抜けることで辛味を感じるのであれば、揮発したアリルイソチオシアネートを全部口から出しちゃえばいいんです。

アツアツのたこ焼きを食べるみたいに、口をハフハフさせながら食べると全く辛味を感じません。

まあ、熱くもない寿司をハフハフしながら食べるのはおかしいので、あくまでツンとした時に「うわ!ツンと来た!」とか言いながらハフハフするのがいいと思います。

この方法ならば、用意するものもないし端から見てもそこまで不自然じゃないので大丈夫!

だと思う・・・。

でも!なんと、この方法を使えば「どんな量のワサビでも辛味を感じません!」

鼻に直接入れない限りはね!

ちなみに・・・カラシも同じ

からし

ちなみに、カラシの辛さとワサビの辛さはどちらも同じ「アリルイソチオシアネート」が原因なんです。

つまり、カラシの辛さも同じ方法で対処することができるんですよ!

これからの季節、おでんにカラシを付けすぎた時なんかに使えそうですよね!

うーむ、考えていたらおでんが食べたくなってきた。

今夜のおかずは決まりかな?

 - 食べ物 ,

アドセンス

  関連記事

錬金術の遺産?ニューヨークでエリクサーの瓶が発見される!

2014年のニューヨークで不老長寿の霊薬「エリクサー」の瓶が発見されました! 場 …

コーラで歯が溶けるは嘘?タバコよりも危険?甘い炭酸飲料の甘い罠とは。

最近の20代は、お酒を飲む人が少ないそうです。 仕事終わりの一杯が、ビールではな …

海藻は含まれていない。赤い巣は毒性?90%偽物?知って損する「ツバメの巣」

ツバメの巣と言えば、中華料理の高級食材として有名ですよね! 古来より美容に良いと …

誕生日にケーキを食べる理由。何でロウソクを立てるの?

確かに、言われてみれば何で誕生日にケーキを食べるのでしょうか? 「お祝い事だから …

【自己責任】絶対食べちゃダメ!七転八倒の苦しみ・・・強力な毒キノコ

食欲の秋には欠かせない秋の味覚「キノコ」 しかし、中には人を死に至らしめる程の強 …

一人暮らしの人におすすめ!バナナを長持ちさせる3つの方法!

バナナって栄養満点で子供から大人までみんな好きですよね! 果物の中でも、トップク …

知りたくない!「ひじき」のトリビア。鉄分が9分の1に?消化されない?ヒ素検出?

2015年12月25日、約15年ぶりに改訂された「食品成分表」に非難の声が集まっ …

ヨーグルトの時代終了?乳酸菌ショコラがすごい!

今話題の最新チョコ!その名も「乳酸菌ショコラ」 その名の通り、乳酸菌をチョコで包 …

やり方一つで、こんなに違うの?「美味しい大根おろしの作り方」

大根は冬場でも夏場でも食べれる最高の野菜ですよね! 冬なら、大根おろしをそのまま …

綺麗すぎて食べられない!ずっと飾っていたい美しい和菓子。

日本を代表する「和菓子」 そこには、溢れんばかりの「和」が詰まっており、最近では …