ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

こんなのあるの!?見たことない珍しい野菜5選。

   

最近は野菜の種類も豊富になりましたよね!

輸入によって、新しい味を取り入れたり。

品種改良によって、苦味やえぐみを抑えて食べやすくなったりと、野菜もどんどん進化しています。

それに最近の野菜は味だけじゃなく、栄養価も高くなっているんですよね!

という事で、今回はあまり知られていない珍しい野菜を紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

ストロベリートマト

ストロベリートマト

「トマト」と言っていますが、正確には「食用ホオズキ」の事です。

そのまま、生食することもできますし「砂糖漬け」や「酢漬け」にしても美味しいみたいですよ!

日本に古くから生えているホオズキは食用ではなく、あくまで観賞用です。

口に含んで遊ぶこともあったそうなので、全く食べれないという訳ではなさそうですけど、食用ではないので味やその他諸々の責任は取れません。

一方「ストロベリートマト(食用ホオズキ)」に関しては、プチトマトやイチゴのような甘酸っぱい味がするそうです。

ヨーロッパなどではジャムにしたり、肉料理の付け合せに使っているみたいですね。

グラス・ジェム・コーン

カラフルコーン

凄い色をしていますが、人工的につけた色ではありませんよ。

こういう種類のトウモロコシなんです!

日本では「レインボーコーン」とも呼ばれ、その見た目ゆえ家庭菜園が趣味の人には人気の高い物なんです。

アメリカ、オクラホマ州で様々な品種を掛け合わせ、遺伝子操作や薬品の類は一切使わずに作り上げた、安全なトウモロコシなんだとか・・・。

確かに、品種改良のみで作られているようですので安全だとは思いますが、なんだろう・・・食欲があまり出ない・・。

しかも、通常の物より実が固く、蒸しても食べることができないんだとか・・・。

無理して食べてもさほど美味しくはなく、どちらかといえば乾燥させて観賞用にするんだそうです。

唯一ポップコーンにすると美味しく頂けるそうですよ!

ただし、ポップコーンにしてもカラフルなポップコーンになるわけではありませんのでご注意を!

UFOズッキーニ

ズッキーニ

これは!ぺしゃんこに潰れてますね!

でも、これは失敗作ではなくこういう品種のズッキーニなんです。

このタイプのズッキーニは熟しすぎると種が固くなるそうなので、あまり熟していない物の方が美味しく頂けるそうですよ!

食べ方は、普通の物と同じで炒め物や煮物、揚げ物にして食べるそうです。

ちなみに、ズッキーニはよくきゅうりの仲間に間違われますが、実はカボチャの仲間なんです!

確かに、UFO型のズッキーニが成長するとカボチャのようにも見えますね!

食用には、成長しきっていない若い物を・・・成長しきった物は観賞用にするみたいです。

花を飾るのと同じように、野菜を飾るのもオシャレかもしれません!

それにUFOズッキーニは飾るに値するだけの芸術性を持ったフォルムをしていますからね!

カックロール

カックロール

なんじゃー!このトゲトゲは!

これは、ゴーヤの仲間の「カックロール」と言います。

見た目は非常に刺々しいですが、実はこの刺はとても柔らかく手に取っても刺さるようなことはありません。

中身はもちろん、種も皮もまるごと全部食べることができる人間にとってはとっても良心的な野菜なんです。

ゴーヤの仲間ですが、苦味はなく特徴的な味も無いのでどんな料理にも合います。

また、ビタミンCが豊富な点でも知られています。

天ぷらにしても美味しいかもしれませんね!

紅白ビーツ

紅白ビーツ

イタリア、キオッジャ地方発祥のビーツです。

「紅白ビーツ」「渦巻きビーツ」「キオッジャビーツ」など様々な呼び名がありますが、日本では縁起が良いとされる「紅白」にちなんで「紅白ビーツ」と呼ばれることが多いみたいです。

見た目が美しいので、イタリア料理にはピッタリの野菜ですよね!

ただし、加熱すると模様が薄れてしまうので、生のまま薄くスライスしてサラダに用いるんだとか・・。

模様を活かしてバーニャカウダとしても人気が高いんだそうですよ!

カットの仕方で模様が変化するので、料理人の想像力や芸術力など、盛り付けセンスを見られる事もあるそうです。

確かに、輪切りにするか縦に切るかがかなり模様が変化しますもんね。

それにしても、うまい具合に紅白に模様が出るもんですね!

まだ見ぬ野菜はある!

インターネットが普及し、いくら世界が狭まったと言えども、まだ見ぬ生き物や食べ物はたくさんあります。

野菜だってそう!

日本では広まっていない異国の野菜がたくさんあるわけで・・・。

今後、そういった「日本にとっては新しい野菜」という物が広まっていく可能性はありますよね!

面白い形・色・味。

新しい食べ物ってちょっとテンション上がっちゃいますよね!

 - 食べ物 ,

アドセンス

  関連記事

江戸前寿司に・・・サーモンは無い!実は日本発祥ではなかった。

客「大将!サーモンくれ!」 大将「・・・」 客「サーモン!?ちょっと!サーモン握 …

一人暮らしの人におすすめ!バナナを長持ちさせる3つの方法!

バナナって栄養満点で子供から大人までみんな好きですよね! 果物の中でも、トップク …

卵の意外な真実!サイズの違いは白身だけ?カラフル卵?

今回は、卵に関した豆知識やトリビアを紹介していきたいと思います。 知ってるようで …

家系ラーメンって何の事?各地の大まかなラーメンの定義!

横浜家系ラーメンって美味しいですよね! もちろん、他のラーメンも大好きですけど、 …

湖池屋クオリティ!牛乳味が登場!ポテトチップスがカオスの領域に・・・

これぞまさに湖池屋クオリティ! 最近、ポテトチップスの味がカオスの領域に入ってい …

ラムネ菓子の知られざる効果に驚き!飲み過ぎ解消や集中力アップも!

子供に大人気のお菓子「ラムネ」 なんと、子供だけではなく大人にとっても良いお菓子 …

綺麗すぎて食べられない!ずっと飾っていたい美しい和菓子。

日本を代表する「和菓子」 そこには、溢れんばかりの「和」が詰まっており、最近では …

コーラで歯が溶けるは嘘?タバコよりも危険?甘い炭酸飲料の甘い罠とは。

最近の20代は、お酒を飲む人が少ないそうです。 仕事終わりの一杯が、ビールではな …

知りたくない!「ひじき」のトリビア。鉄分が9分の1に?消化されない?ヒ素検出?・・・

去年の12月25日、15年ぶりに改訂された「食品成分表」に非難の声が集まっていま …

「冬だし、菌の繁殖はしないでしょ。」それって本当?何度以下なら大丈夫?

この一年で一番寒い時期の今は、食べ物を雑に扱う事が多くなるそうです。 特に口を開 …