ミネルヴァのトリビア

~知恵を司る女神様の無駄知識~

「おかゆ」は、体に優しくない。実は消化が悪い食べ物。

      2017/02/06

知らんかった。風邪ひいた時は当たり前のように「おかゆ」を食べてましたから・・・

もう、ほとんどお湯みたいなもんだから絶対に消化がいいと思うんだけどなー。

【スポンサーリンク】

おかゆが体に優しくない理由

おかゆ

そういえば、山で遭難した人で何日もご飯を食べていない人に対しても「最初は、おかゆからだ!ゆっくり食べろ!」みたいな事をやってるイメージですけどね。

病院食でも出されていると思うんですけど・・一体どんな理由から消化が悪いと言われているのでしょうか?

噛まずに飲んでしまうから

これが、一番の理由みたいですね。

要は、よく噛まずに飲み込んでしまうことによって、口腔内では十分な唾液が分泌されず、結果として食べ物と唾液が混ざり合わないまま胃へと進んでいってしまうからだそうです。

唾液が混ざり合わない事によって、唾液の重要な役割である消化酵素があまり働かないので消化吸収が悪くなってしまいます。

小さい頃から「よく噛んで食べなさい」とか「一口で20回噛みなさい」って言われていたのには、こんな理由があったんですね。

確かに、おかゆを一口で20回も噛んで食べる人って少ないかも・・

唾液の働き

大根

「そもそも唾液ってそんなに重要なの?」

ポワポワしてる文系女子が聞いてきそうな事ですが、唾液はめちゃくちゃ重要です!

唾液は、澱粉(でんぷん)を糖に分解する消化酵素【アミラーゼ】が含まれている消化液です。アミラーゼさんが働いてくれているおかげで、食べ物を吸収できる形に変えてくれているんですよ!胃腸薬にも配合されているんです!

またアミラーゼは、大根やカブにも多く含まれているため、古くから食べ物の付け合せとして多く用いられているわけです。

「胸焼けに大根おろしが効く」と言われているのも、消化酵素アミラーゼが食べ物の消化を助けてくれている、という事なんですね。大根おろし美味しいよね!

何故、病人・体が弱ってる=おかゆが定着したのか

おかゆは、柔らかく水分が多く含まれていて、なおかつ消化の妨げになる食物繊維が少ないので、胃に留まっている時間が少ないと言われています。

胃に留まらない=胃が弱っていても負担にならない。ということから、体が弱っている時は「おかゆ」がいいと言うことになったのではないでしょうか。

他にも、下痢や嘔吐などで水分が不足しがちな時にも効率よく水分補給ができますし、体を温めるというメリットもあるようです。

なんか、普通に病人食としていいと思うんだけど・・

やっぱり、おかゆは胃に優しい?

赤ちゃん

ええ、そうです。

結論、おかゆは胃に優しいんです。

「さっきと言ってること違うじゃねえかよ!」

という声が聞こえてきますが、そうなんです。

調べているうちに・・・いや、理由を聞いた瞬間から気づいていました。

つまり、噛んで食べればいい。ただ、それだけの事だったんです。

だって、一般常識範囲内で考えてもおかゆを噛まずに丸呑みするのと、油コッテリのステーキをよく噛んで食べるのと、どっちが胃にもたれそうかと言ったら絶対に後者ですよね。

もともと、砕かれた状態のお米とたっぷりの水分があたたかい状態で口に入るわけですから、あとはよく噛んで唾液と混ざりあえば胃に優しい立派な病人食です。

消化・吸収は早いし、水分は補給できるし、体は温まるしで言うことなしですよ。

昔の人は知っていた

梅干

昔の人は偉大ですね。

ちゃんと、おかゆを食べる時は梅干を入れるって考えているんですから。

梅干は見るだけで唾液が出てきますし、食べるとなると唾液分泌「滝の如し」ってね。

昔の人がおかゆに梅干を入れた理由は、単なる味付けのためだったのか?

それとも、唾液を分泌させるために入れていたのか?

真実は分かりませんが、いずれにせよ「おかゆと梅干」という組み合わせは、とても理に適った食べ方だったということですね。

さいごに・まとめ

つまり、食べ物はよく噛んで食べなさいってことですね。

結局の所「おかゆ=胃に悪い」という話も現代の人達が早食いや、あまり噛まないで食べる事が癖になっている事が原因でした。

ちゃんと噛んで食べれば優秀な食べ物なのに・・・。

そもそも、よく噛まないで食べるという癖がついたのも、日本の食卓が日本食から欧米食に移り変わった事によって、硬い食べ物から柔らかい食べ物へと食文化が変化した事によるものですから

日本に伝わる昔からの生活の知恵みたいなものが、欧米化が進む事によって逆効果を生んでしまったようです。

とはいえ、私も「ハンバーグ、ピザ、パスタ」オー!イエー!な人ですから、他人ごとではないんですけどね!

これからは、おかゆを食べるときは一口20回噛み、付け合せには梅干を欠かさないようにしたいと思います。

 - 食べ物

アドセンス

  関連記事

卵の意外な真実!サイズの違いは白身だけ?カラフル卵?

今回は、卵に関した豆知識やトリビアを紹介していきたいと思います。 知ってるようで …

お弁当に入っている透明シートって何?どんな効果があるの?

駅弁などでよく見かける透明シート。 あれは、抗菌作用のあるシートなんですが・・・ …

ラムネ菓子の知られざる効果に驚き!飲み過ぎ解消や集中力アップも!

子供に大人気のお菓子「ラムネ」 なんと、子供だけではなく大人にとっても良いお菓子 …

稲庭うどんと讃岐うどんって何が違うの?

冬でも夏でも楽しめる美味しいうどん! 日本の代表的なうどんといえば「稲庭うどん」 …

ヨーグルトの時代終了?乳酸菌ショコラがすごい!

今話題の最新チョコ!その名も「乳酸菌ショコラ」 その名の通り、乳酸菌をチョコで包 …

サラダ味ってなんの味?「へぇー」と言ってしまう食べ物のトリビア4選

おせんべいのサラダ味ってなんの味だか知ってますか? 「そりゃ、ドレッシングかけた …

江戸前寿司にサーモンは無い!実は日本発祥ではなかった。

客「大将!サーモンくれ!」 大将「・・・」 客「サーモン!?ちょっと!サーモン握 …

知りたくない!「ひじき」のトリビア。鉄分が9分の1に?消化されない?ヒ素検出?

2015年12月25日、約15年ぶりに改訂された「食品成分表」に非難の声が集まっ …

やり方一つで、こんなに違うの?「美味しい大根おろしの作り方」

大根は冬場でも夏場でも食べれる最高の野菜ですよね! 冬なら、大根おろしをそのまま …

コーラで歯が溶けるは嘘?タバコよりも危険?甘い炭酸飲料の甘い罠とは。

最近の20代は、お酒を飲む人が少ないそうです。 仕事終わりの一杯が、ビールではな …